Shine

4

S29-damザシオーガ 最終14位

 

 TN Shine*days  最高2081/最終2038-14位

 

 

カバルドン+ザシアン+スカーフカイオーガの並びが相手が誰であろうとも柔軟に対応でき、立ち回りでカバー可能な範囲が最も広いと判断したのでそこを始点として構築を組み始めた。また、多発するであろうミラーにおいて「貯水眠るガマゲロゲ」がその解答になり得ると考えたため、この4体を軸、残り2体を補完枠として構築を組み立てていった。

 

カバルドン@オボンの実 腕白 砂起こし

215(252)-132-167(108+)-**-111(148)-67

地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし

◇C194命の珠サンダーのダイジェットを確定耐え

◇A222ザシアンの+1巨獣斬*2をオボンの実込み確定耐え

試合序盤中盤の展開から終盤の詰めに至るまで幅広く活躍してくれた。このポケモンの行動回数が試合結果に直結すると言っても過言ではないため、hp管理は常に怠らないように注意する必要がある。主にジガルデ軸やザシアンダイナ絡みに対して選出していた。

 

 

ザシアン@朽ちた剣 意地っ張り 不撓の剣 

197(236)-244(252+)-136(4)-**-136(4)-170(12)

巨獣斬/じゃれつく/インファイト/電光石火

◇A197霊獣ランドロス地震を確定耐え

◆A特化

◎最速ガブリアス抜き

そもそも構築単位でエースバーンは重くないこと、Sのチキンレースに参戦するくらいならAに回し巨獣斬+電光石火のリーチを伸ばす方が先決であることから、今回はSを大きく落とした個体を使用した。

このポケモンを着地させるタイミングが大きく勝敗を分けることが多いので、特に選出順には気を配った。いつも通り沢山活躍してくれた最高のポケモン、やザシN1。

 

 

カイオーガ@拘りスカーフ 臆病 雨降らし

175-**-111(4)-202(252)-160-156(252+)

潮吹き/熱湯/雷/冷凍ビーム

・CS振り切り

基本的に不確定要素である絶対零度の採用は有り得ないと思っているので氷技は冷凍ビームで確定。

上からザシアンを縛れる点や相手の選出をある程度絞り込めることから、ゲームプランを組み立てる上での中核を担う存在だった。初手でザシアンと対面してしまうと素早さ順が割れてしまうのでザシアン軸には裏から投げると非常に活躍してくれる。とはいえ、構築上初手にザシアンやランドロスが来るとかなり厄介な上、雨も撒けてザシアンのサイクル適性を底上げできるので実際はサンダーを選出した時以外はだいたい初手に出していた。

自然と上振れを狙えるのもこのポケモンの大きな強み。

 

 

サンダー@ゴツゴツメット 図太い 静電気

197(252)-**-150(252+)-145-111(4)-120

ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

・HB振り切り

サンダーはやはり「麻痺」という要素が強みの大部分を占めているので、今回は熱風ではなく電磁波を採用した。選出する機会はあまりなかったが選出画面における圧力は流石と言わざるを得なかった。ナットレイ入りには積極的に投げていきたい。

電磁波→熱風の方が強いかも。

 

 

ガマゲロゲ@カゴの実 腕白 貯水

212(252)-116(4)-115(76+)-**-117(172)-95(4)

地震/どくどく/ステルスロック/眠る

◇A244ザシアンの+1巨獣斬*2の瀕死率が0.3%(+1じゃれつくを確定耐え)

◆199-136ザシアンに地震が49.2%~の高乱数2発

◎D>B

突如として空から降ってきたポケモン。相手のトリトドンやヌオー、カイオーガ+αに対して非常に強く出られる駒。また、ヌケニンに対しても後投げから眠るでカゴの実を消費させることでザシアン引き、ポルターガイストに両対応を決められる。

処理速度の遅い相手に対して眠るでTODを仕掛けることも多々あり、相手の考慮外の角度から崩すことができるようになった。対ザシオーガはこのポケモンのお陰で約9割の勝率を保てていた。

 

 

ホルード@命の珠 意地っ張り 力持ち

161(4)-118(252+)-97-**-97-130(252)

地震/ギガインパクト/炎のパンチ/飛び跳ねる

・AS振り切り

ムゲンダイナメタモン絡みに頭を悩ませていたところ、このポケモンカバルドンカイオーガと併せて投げることで崩しにいけることに気づき速攻採用した。

昔これに似た型のホルードを使用していたこともあり非常に手に馴染むポケモンで選出率はかなり高めだった。

 この環境のホルードは基本的にきあいのタスキを所持しており、並び的にもそう見えるので大きくミスリードを誘えたのではないかと思う。負けたと思った試合で相手が勝手に自滅してくれたりすることも少なくなかった。

 

 

 

 

 対バドの勝率が4-5割だったのが惜しいポイントだが、そもそも全てのバドレックス構築に対して安定させるには禁止伝説の決定段階からの対策が必須になってきそうなので仕方ないと思って今回は割り切った。

 

【おわりに】

今期も最終1位に手が届きかけましたが、最後の最後にいろいろついてこなくてダメでした。毎秒滝行するためしばらくは対戦から身を引きます(今度こそはガチ)

大会とかは出たいのでまただれか誘ってください。

S29お疲れ様でした。

【S23使用】電磁波ガブザシアン【最終2位】

f:id:dopoke:20211101094819p:plainf:id:dopoke:20210908222904p:plainf:id:dopoke:20211101094753p:plainf:id:dopoke:20210908222955p:plainf:id:dopoke:20211101094749p:plainf:id:dopoke:20211101094805p:plain

TN Shine*days 最終レート2161/2位

 

電磁波+禁止伝説の並びが広範囲に対して誤魔化しが効くことから、ウーラオスや有象無象に対して自然に強くなることのできるサンダーを電磁波要員とし、禁止伝説枠を模索していった。

結果、やはりザシアンがあらゆる並びに対して広い対応範囲を持ち、例えメタられる側に回ったとしてもそれ以上に採用するだけのバリューがあると感じたため、電磁波サンダー+ザシアンから構築をスタート。

また、ザシアンは静電気や炎の体が発動してしまうとどうしても止まってしまうので、必ずしも通すポケモンではなく試合序盤から中盤にかけて大きな削りを加えるものでもあるということを念頭に置いて考えた。

まず、ザシアンを使用する以上相手のサンダーの対策は必要不可欠なので、比較的裏に負荷の掛けやすい地面枠として身代わりガブリアスを採用した。

次に、バドレックス軸やヒヒダルマetc.に対するクッション兼電磁波要員としてHBポリゴン2を、そしてザシアン軸やメタモンガブリアス入りに対して強く動け、かつ対面的な動きをとることができるカウンターヌオーを投入。

ラストの補完は崩し枠として鉢巻悪ウーラオスやメテオビームテッカグヤなどととっかえひっかえしていたが、最終日朝6時にピンときたアローラガラガラを採用した結果綺麗にハマったので、これを完成形とした。

 

 

 

以下個体詳細

 

f:id:dopoke:20211101094819p:plainザシアン@朽ちた剣 不撓の剣 意地っ張り

巨獣斬/じゃれつく/剣の舞/インファイト 

195(220)-242(236)-136(4)-*-136(4)-174(44)

◆+3じゃれつくで197-150サンダーを確定一発

◎準速エースバーン抜き抜き抜き

 

選出段階でゲームプランの組み立てがしやすく、上から殴っているだけで強いポケモン。数的優位を作り出すことにおいては特に優秀で、2匹持っていってから裏でそのまま詰め、というような流れも幾度となくあった。

ザシアンを通しに行くか、ザシアンで大きく削りを入れて裏でスイープするかを常に考えながらHP管理する必要があるので、そこだけが少々シビアだった。やザシN1。

 

 

f:id:dopoke:20210908222904p:plainサンダー@オボンの実 静電気 図太い

ボルトチェンジ/暴風/電磁波/羽休め

197(252)-*-150(252)-145-111(4)-120

・HB振り切り

 

構築の核。

S操作と同時に、痺れによる上振れも狙えるのが非常に強力。

対ムゲンダイナ軸は交代際のムゲンダイナに電磁波を入れることで五分五分くらいで戦えるようになる。また、ザシアンは勿論のこと、サンダーも選出誘導能力が高いので、相手の選出幅を大きく絞ることが出来る。

明らかな入れ得ポケモン

 

 

f:id:dopoke:20211101094753p:plainガブリアス@気合の襷 鮫肌 陽気

スケイルショット/地震/剣の舞/身代わり

183-182(252)-116(4)-*-105-169(252)

・AS振り切り

 

身代わりの採用に伴い、当初は食べ残しを持たせて使用していたが、ストッパー枠が欲しかったことと、対面性能が著しく低下することが懸念されたため、気合の襷へ変更した。

身代わりはサンダー対面で有利な運ゲーを仕掛けることができる他、対サンダーザシアンにおいて剣の舞後のスケイルショット択を一方的にキャンセルすることが可能であり、また、メタモンドヒドイデロトム系統に対しても非常に強く出られるようになったりと恩恵は計り知れなかった。

 

 

f:id:dopoke:20210908222955p:plainポリゴン2@進化の輝石 アナライズ 図太い

トライアタック/イカサマ/電磁波/自己再生

191(244)-*-156(252)-125-115-82(12)

◇A182悪ウーラオスの鉢巻暗黒強打*2の瀕死率が0.3%

◎麻痺最速ウーラオス抜き

 

第二の電磁波要員。

主に黒バドレックスや日食ネクロズマ軸へ選出する。広い範囲を誤魔化せ、電磁波+自己再生で多くのポケモンが受かるようになる。よくこのポケモンTODしていた。

初手から雑に置いて電磁波を撒き散らすこともしばしば。

 

 

f:id:dopoke:20211101094749p:plainヌオー@ゴツゴツメット 天然 腕白

地震/毒々/自己再生/カウンター

202(252)-106(4)-150(252)-*-85-55

・HB振り切り

 

ザシアンやガブリアス(をコピーしたメタモン)など、多くの物理ポケモンに対して大きな誤魔化しが効く点が非常に優秀。

一見種族値の足りないポケモンだが、持ち前の特性とタイプにより、安易的なサイクルには介入可能であった。さらに、カウンターで頭数を持っていったり、耐久ポケモンに毒々を入れたりすることもこのポケモンの大きな役割の一つで、スリップダメージを稼ぎたいと思ったときにも積極的に選出していった。

取り巻きでサンダーを突破したあとのザシアン軸に対する詰め性能は抜群だった。

 

 

f:id:dopoke:20211101094805p:plainガラガラ@太い骨 避雷針 意地っ張り

フレアドライブ/ポルターガイスト/剣の舞/骨ブーメラン

167(252)-145(252)-130-*-100-66(4)

・HA振り切り

 

崩し枠としては一級品の火力を持ち、多くの低速ポケモンを葬った。ザシアン+クレセリアへの強力な対抗馬となり得る点がバッチグー。ヌオーに対してはこのポケモンとザシアンで役割集中をかけることがほとんどだった。

急遽採用した割には手に馴染んだので選出率はかなり高め。

 

 

 

f:id:dopoke:20211101154617j:image

トリトドンの影響で拘りスカーフを所持したカイオーガは減少していると思ったのでそれは切りました。

 

Twitter-@dopoke_

p.s.

ずっと最終1位のみを目標にしてきただけにめちゃくちゃ悔しいです。諸事情によりしばらくポケモンから離れます(大会は出るかも)が、またいつか会いましょう。

S21 最高216X 珠ムゲンダイビームムゲンダイナ

f:id:dopoke:20210831163808p:plainf:id:dopoke:20210831163802p:plainf:id:dopoke:20210831163740p:plainf:id:dopoke:20210831163920p:plainf:id:dopoke:20210831163750p:plainf:id:dopoke:20210831163758p:plain

 

TN Shine*days 最高216後半 最終爆死

 

 

一般ポケモンに強いのが禁止伝説ポケモンにおけるアイデンティティの一つだと感じたので、中でも特出してその能力の高いイベルタルもしくはムゲンダイナから組み始めることに。

今回は、環境的に比較的マークの薄かったムゲンダイナを選択した。
まず、黒バドレックス、カイオーガ軸に対して強く動ける突撃チョッキアシレーヌ+スカーフ悪ウーラオスを採用。

また、電気・地面の一貫を切りつつザシアン軸に投げることができるゴツゴツメットランドロスカバルドン+ザシアンへの太い勝ち筋となる鉄壁ナットレイを確定させた。

最後に、ゼルネアス、ムゲンダイナ軸への対抗馬となり得、選出画面でミスリードを誘うことができる後攻の尻尾トリックオーロンゲを採用した。

 

 

以下個体詳細

 

 

f:id:dopoke:20210831163808p:plainムゲンダイナ@命の珠   プレッシャー 控え目

ダイマックス砲/ムゲンダイビーム/火炎放射/自己再生

219(28)-*-133(140)-209(196↑)-116(4)-168(140)

 

f:id:dopoke:20210831163802p:plainアシレーヌ@突撃チョッキ   激流 控え目

泡沫のアリア/ムーンフォース/シャドーボール/サイコキネシス

187(252)-*-94-195(252↑)-137(4)-80

 

f:id:dopoke:20210831163740p:plainランドロス@ゴツゴツメット   威嚇 慎重 ※S個体値29

地震/蜻蛉返り/ステルスロック/岩雪崩⇄しっぺ返し

191(212)-171(44)-110-*-145(252↑)-110

 

f:id:dopoke:20210831163920p:plainウーラオス(悪)@拘りスカーフ   不可視の拳 陽気

暗黒強打/インファイト/冷凍パンチ/蜻蛉返り

175-182(252)-121(4)-*-80-163(252↑)

 

f:id:dopoke:20210831163750p:plainオーロンゲ@後攻の尻尾   悪戯心 腕白

ウルクラッシュ/リフレクター/電磁波/トリック

202(252)-141(4)-128(252↑)-*-95-80

 

f:id:dopoke:20210831163758p:plainナットレイ@食べ残し    鉄の棘 呑気   ※S個体値0

ジャイロボール/鉄壁/ボディプレス/宿木の種

181(252)-114-201(252↑)-*-137(4)-22

 

 

強かった点

・珠ムゲンダイビームムゲンダイナ

火力上昇アイテム持ちで一発耐えて返しの攻撃でムゲンダイナを突破しようとしてくる相手をわからせることができる。突撃チョッキ持ちに対しても然り。見えない勝ち筋になったりする。ステロと併せることでいろいろ落ちるが、使いどころを見誤ると即負けに直結する。

 

・オーロンゲ+ナットレイ

ゼルネアスに強い。ピン刺しオーロンゲが偉かった。積み技を覚える伝説と並べると相手のミスリードを誘える。

 

・スカーフ悪ウーラオス+チョッキ持ち

黒バドレックス、カイオーガ軸などの特殊伝説を軸とした構築に強い。

 

 

216x→2000から2100に戻した後、ここから構築を変えた途端に溶けてしまった。そのあとも負の流れに巻き込まれて結局2100には戻ることができずに心が折れて終わり、改めて自分の弱さを実感した。構築は下手に変えないほうがいい。

f:id:dopoke:20210831175038j:image

最終日2日前?3日前?とかの。全盛期だった。最高レートも更新したので記念に。21から独走しているときは正直爽快感がすごかった。できることならいつかまたやりたい。完

S17-砂イベルドヒド 最終18位

f:id:dopoke:20210501121645p:plainf:id:dopoke:20210501121857p:plainf:id:dopoke:20210501121905p:plainf:id:dopoke:20210501121914p:plainf:id:dopoke:20210501121925p:plainf:id:dopoke:20210501121932p:plain

TN Shine*days 最高2101-9 最終2065/18位

 

シリーズ最終シーズンということで環境がある程度固まっているので、どの相手でも五分五分以上の試合ができるように構築を組むことに決定。

まず禁止伝説枠はこちらのペースへ持っていきやすく、制圧力が高いイベルタルを採用。

イベルタルを使用する上で弊害となるザシアン軸、ゼルネアス軸に勝てるようにするため、砂かきドリュウズ+カバルドンを並べることが確定した。

また、水の一貫が気になること、イベルタルの羽休めとの相性を考えた結果ドヒドイデの投入が決定。

更にイベルタルが数を増やしていたため、ミラーに強く怒り挑発により役割集中ができるカプ・コケコを入れ、最後にカイオーガ軸に確実に勝つためにノーマル枠としてラッキーを採用した。

 

 

 

以下個体詳細

 

f:id:dopoke:20210501121944p:plainイベルタル@命の珠 ダークオーラ 臆病

デスウィング/悪の波動/羽休め/不意打ち

201-135-116(4)-183(252)-118-166(252↑)

 

最強ダイジェッター。羽休めはこちらが先行ダイマックスを切った後の相手の後行ダイマックスに対して弱点を書き消すことでダイマックスターンを数ターン凌ぐことができたり、後述するドヒドイデとの兼ね合いもよく、非常に重宝した。

ダイアークの火力がズルなので誰も受からない。

 

 

f:id:dopoke:20210501121951p:plainドリュウズ@突撃チョッキ 砂かき 意地っ張り

地震/アイアンヘッド/ロックブラスト/瓦割り

191(44)-198(196↑)-82(12)-*-86(4)-140(252)

A-11n
S-ミラー意識準速
余りHBD振り分け

 

イベルタルが苦手なポケモンに強く、耐性も優秀なのでサイクルパーツとして幅広く活躍してくれた。自らもエースとなれるので自然と選択肢が増え、勝ち筋の分散を狙うことができた。

 

 

f:id:dopoke:20210501122001p:plainカバルドン@食べ残し 砂起こし 腕白

地震/欠伸/怠ける/氷の牙

215(252)-132-165(92↑)-*-113(164)-67

HB-222ザシアンの+1巨獣斬を怠ける+残飯回復2回で帳消しにできる程度

HD-特化珠サンダーのダイジェットを耐える程度

 

クッションや砂撒き役として躍動してくれた。氷の牙(ダイアイス)で数多の剣舞ランドロスを葬ってきた。また、ダイアース後の怠けるtodで見えない勝ち筋を生むことができる点もチョベリグ

本当に最強だった。

 

 

f:id:dopoke:20210501122013p:plainヒドイデ@黒いヘドロ 再生力 図太い

熱湯/トーチカ/自己再生/毒々

157(252)-*-224(252↑)-73-163(4)-55

 

なぜかシリーズ最終シーズンに爆増することでお馴染みのドヒドイデイベルタルと併せることでウーラオスに全対応できる。めちゃくちゃ強かった。

ワイルドボルトのないザシアンに対して滅法強く、また、火力のないサンダーにも毒々を撒き散らすことができる。トーチカがズル。

 

 

f:id:dopoke:20210501122031p:plainカプ・コケコ@オボンの実 エレキメイカー 臆病

ボルトチェンジ/自然の怒り/挑発/マジカルシャイン⇆光の壁

177(252)-*-121(124)-117(12)-105(76)171(44↑)

HD-特化珠サンダーのダイジェットオボン込み2耐え
S-最速ウツロイド抜き

余りB,C

 

前述した通り、怒り挑発で役割集中をしたりボルトチェンジによる対面操作、挑発でノーウェポンミミッキュを葬ったり、イベルタルに対して有効に働いたり、功績は数え切れない。ウーラオスにも強いためかなり環境に刺さっていた部類だと思う。エレキフィールドを利用して相手のカバルドン展開をイベルタルの羽休めで阻害することもしばしば。

 

 

f:id:dopoke:20210501122040p:plainラッキー@進化の輝石 自然回復 腕白

地球投げ/卵産み/電磁波/身代わり

325-25-62(252↑)-*-139(108)-89(148)

 

カイオーガ軸に対して滅法強く、相手のダイホロウを渋らせることができるノーマル枠。

電磁波や身代わりを詰め筋にすることが可能で、1発耐える物理ポケモンに対して電磁波で突っ込んで無理矢理裏で倒す、というムーブもできるのが強かった。カイオーガのためにノーマル枠でラッキーを採用するのもどうかと思ったが、実際に使ってみると一気に評価が上がったポケモンの1匹だった。

ドヒドイデとの相性がいいのでラストの枠としてよくマッチしていた。

 

f:id:dopoke:20210501121405j:image

 

構築自体の完成度はかなり高かったように思うし、デフレシーズンにも関わらず2100に乗れたので割と満足です。最後に択勝ってたらとか言ってもしょうがないので、ここは自分が弱かったと言わざるを得ないと思います。受験勉強もあるけどまだ余裕あるし終盤はやろうかなと思ってるので、そのときはよろしくお願いします。

竜王戦環境おつかれさまでした。

 

追記(11/2)

竜王戦環境が再び始まったので、書き損じていた重要なことを記しておきます。

サンダーはイベルタル軸の天敵で、イベルタル対面で電磁波や怪電波、上からボルトチェンジで裏に繋がれたりと、一方的に有利な展開を取られがちです。つまり、イベルタル軸を組む上で「サンダーを選出させないこと」は非常に重要であり、それを実現出来ればより完成度の高いイベルタル軸が完成します。

この構築は、カバルドン+ドリュウズ、ラッキー、カプ・コケコを採用することでサンダーの選出を大きく抑制しています。

実際、サンダーの被選出率は非常に低く、それが功を奏し、ドリュウズの地面技の一貫を作りやすくなったり、ドヒドイデでの詰めを明確に見据えやすくなったりと恩恵は多くありました。

選出誘導は構築段階において非常に重要であり、対戦面に大きく影響してくる部分なので、自分は最重要視しています。

ですが、ここで言う選出誘導=完全に切る ということではなく、あくまでもある程度軽く見て選出を考えるということなので、そこは忘れてほしくありません。

【S12使用】アグロカバツルギ

f:id:dopoke:20201128134152p:plainf:id:dopoke:20201128134205p:plainf:id:dopoke:20201128134215p:plainf:id:dopoke:20201128134240p:plainf:id:dopoke:20201128134302p:plainf:id:dopoke:20201128134321p:plain

Builder:@dopoke_

使用者:

@dopoke_

TN D.Beckham 最高205× 最終ゴミ サバ入って最終日2日前に死亡

@rosu_pk  

TN ミカ 最高2163 最終2144(21位)

TN A.Griezmann 最高2133(?) 最終2079(110位)

 

まず、S12においてステルスロックは撒き得であると踏んだ。

そこで、相手の情報を引き出し、ステルスロックにより裏を通しにいけるHDカバルドンを構築の始点とした。

この時点で、サンダーやエースバーンを受けるという思考を断ち切り、できるだけコンパクトな試合運びになるような対面サイクルに仕上げることを念頭に考えることに。

これにより、カバルドンが弱い相手を起点にでき、初手レヒレの抑制/環境メタ枠となり得る命の珠カミツルギを採用。また、選出パワーを高めるための襷枠として悪ウーラオスをチョイスした。

さらに、裏にサンダーへのクッションとなる駒を置きチラつかせることで相手のダイマックスを渋らせることが出来るという点からウツロイドの採用も決定。

残り2体はある程度のサイクル適正/補完があり、初手カバルドン展開の成功率を高めるポケモンで固めて構築が完成した。

 

 

以下個体詳細

 

f:id:dopoke:20201128134152p:plainカバルドン@オボンの実 砂起こし 慎重

215(252)-132-138-*-136(252↑)-68(4)

地震/欠伸/ステルスロック/吹き飛ばし

 

構築の核1。

構築上初手サンダーを投げられることが多いので、HDにすることによってあらゆる相手に初手から投げることができる。

初手カバルドンサンダー対面で欠伸を選択し、身代わりから入られ残飯が見えなかった場合は次のターンも欠伸を撃っていた(次ターンのダイジェット読み)。

使用者次第で大きく化けるポケモン。初手のサンダーに合わせて投げることが多いもののカバマンダ同様、必ずしも先発に出すというポケモンではないので注意が必要。

 

f:id:dopoke:20201128134205p:plainウツロイド@パワフルハーブ ビーストブースト 臆病

185(4)-*-77(76)-169(172)-152(4)-170(252↑)

メテオビーム/ヘドロ爆弾/草結び/パワージェム

 

個人的にヘドロウェーブよりはヘドロ爆弾の方が優先度は高いと思っている(高速再生技で粘ってくる相手に強くなれるため)。構築共有相手はヘドロウェーブで使用していたが、恐らく誤差程度なのでどちらでも可。

鋼タイプがいなかったりサンダー+ミミッキュで並んでいる場合やカミツルギウツロイドで完封出来る等、明らかに通りの良いと感じた場合にのみ選出していた。勝手にサンダーがボルトチェンジしてくれたりとミスリードを誘うことができるので最低限見かけ上でのサンダー受けは必要だと思う。

 

f:id:dopoke:20201128134215p:plainサンダー@鋭い嘴  静電気  控えめ

165-*-105-194(252↑)-111(4)-152(252)

放電/暴風/熱風/羽休め

 

言わずもがなの最強ダイジェッター。

半ば相手のバンギラスウツロイドを誘うためだけに採用した。

構築にウオノラゴンが入ってきたのでボルトチェンジの採用も考えたが、カミツルギで事足りると考えウオノラゴンとセットで選出しないケースを加味した結果、上記の技構成に落ち着いた。

火力を持たせることでステルスロックによる恩恵が大きいと踏んだので嘴を所持した控えめCSで採用している。

 

f:id:dopoke:20201128134240p:plainウーラオス(悪)@気合いの襷  不可視の拳  陽気

*巨大個体

175-182(252)-121(4)-*-80-163(252↑)

暗黒強打/インファイト/雷パンチ/不意打ち

 

S12最強ポケモン

最後のスイープや高い格闘打点等、本構築において大きな役割を担ってくれた。

初手から投げることもしばしばあり、1:1.5交換をしてからカバルドン展開、裏のエースへ繋ぐという動きも可能なので大変重宝した。

雷パンチの枠はカウンター、毒突きから選択。

 

f:id:dopoke:20201128134302p:plainカミツルギ@命の珠 ビーストブースト 陽気 

135(4)-233(252)-151-*-51-177(252↑)

リーフブレード/聖なる剣/燕返し/ギガインパクト

 

構築の核2。

リーフブレードは勿論のこと、サンダーへの打点となるギガインパクトも確定。

残りの2枠は、ダイジェット媒体の燕返し、範囲を広げるという訳合から聖なる剣で完結している。

制圧力が凄まじく、欠伸、ステルスロックで場を整えるだけで大きく場を荒らせるが故、選出率は8割を超えていた。

HDカバルドンとの相性がよく、少しサイクルすることもできるためステルスロックを複数回踏ませる等の芸当もでき、理にかなっていたと思う。

 

f:id:dopoke:20201128134321p:plainウオノラゴン@拘りスカーフ 頑丈顎 陽気

166(4)-142(252)-120-*-100-139(252↑)

エラがみ/逆鱗/寝言/けたぐり

 

カミツルギダイアタック⇒サンダーダイジェットの順で倒され、Sが±0になり削れたサンダーを縛ったりと、スイーパーとしての役割をこなしてもらうためにスカーフを所持させた。

ダイウォール媒体を入れることにより動きやすさを格段に向上させられるので、カバルドンに無理やり投げてエラがみを選択できるよう寝言を採用した。

ミラーに強くなるように陽気を採択している。副産物として、準速フェローチェも抜けるようになっている(風の噂で聞いたのだが、フェローチェは準速が大半らしい)。

一貫を作れば敵無し。

 

-最後に-

気持ち悪いtnで運勝ちしてくるのマジで効くから普通にやめてください

自分は4桁5桁に轢き殺されて死にましたが、構築渡した相手がちゃんと結果残してくれてよかったです。構築が本当に最強でした。

 

質問や構築相談等がございましたらど! (@dopoke_) on Twitter まで。(よろしければフォローもお願いします)

S12おつかれ様でした。

S9〜S11

ひと区切り

 

S9

https://pokepast.es/bce380d3368f5dff

TN halca 最高21くらい このシーズンも4桁に回線切れてからズルズル。

 

S10

催眠ゲンガーに憤慨して以降記憶なし

 

S11

https://pokepast.es/b27866a612da1f93

TNダサメガネZ 最終日数日前に10回の回線切れによるサバ入り後5桁との連続マッチングに全て敗北、撤退 途中までめっちゃ勝率よかっただけに余計萎える。 最高20手前

構築を渡した相手が早い段階で最速20、3rom20乗ってくれたりしたのでまあ悪くなかった。

S8 カバポリエスバ

記録用自己満記事

f:id:dopoke:20200801125739j:plain

ソフトバンク、まじで許さん。

使用TN:TN Shine*days 最高2080 最終日前日に5桁に回線切れで爆散

             TN Rhythm 最高2140↑ 23時時点11位 最終313位(2012)

 

【構築経緯】

まず、現段階において使いやすさ/対応範囲の広さどれをとっても最高水準であるエースバーンを使用可能ポケモン最強と仮定した。当該ポケモンが持つ相手のダイマックス誘導力を利用して相手に先にダイマックスを切らせることで先の展開を見据えやすくすることをコンセプトに定め、スカーフ蜻蛉エースバーン+クッションを基本選出として組み立てていった。

 

【個体紹介】*キョダイにできるのは全部キョダイ個体

f:id:dopoke:20200801133507p:plainカバルドン@アッキの実 砂起こし

215(252)-132-187(252↑)-×-93(4)-67

地震/吹き飛ばし/ステルスロック/怠ける

ダウンロードじゃないポリゴン2に対してダイアースで突っ込んでステロ怠ける吹き飛ばしで裏削ってこっちのポリゴンとかと併せてTODを狙えるようにした。欠伸がないせいでカバルドン入りに少々手こずったが不利とまではならないのでそこまで問題なかった。

 

f:id:dopoke:20200801133522p:plainエースバーン@拘りスカーフ リベロ

155-168(252)-95-×-96(4)-188(252↑)

火炎ボール/蜻蛉返り/飛び膝蹴り/アイアンヘッド

主軸。相手のカバルドン投げに対して蜻蛉返り→ゴリランダーのムーヴをとることでアッキを消費させて次のサイクルが受からなくなるなど、多彩な動きが可能だった。正にスカーフゲッコウガの再来である。意地にして相手のスカーフエスバの下から蜻蛉返りしたい場面もあったので陽気と一長一短。

 

f:id:dopoke:20200801133530p:plainポリゴン2@進化の輝石 アナライズ

191(244)-90-112(12)-125-161(252↑)-80

冷凍ビーム/イカサマ/放電/自己再生

技は身代わりポリゴン2で詰まないよう、ダイアークという選択肢をとって1体持っていきTODをすることのできるイカサマを確定とし、自己再生も勿論のこと、ギャラドストゲキッスカバルドン等への打点を考え冷凍ビーム,放電という形で完結している。Dが過剰だった気もしなくはないのでBに少し回したほうがよかったかもしれない。

 

 f:id:dopoke:20200801133540p:plainウーラオス(水)@気合いの襷 不可視の拳

175-200(252↑)-120-×-81(4)-149(252)

水流連打/インファイト/雷パンチ/カウンター

切り返し、雑な削り等の幅広い役割を担ってくれた。言わずもがなの最強ポケモン

 

f:id:dopoke:20200801133551p:plain ゴリランダー@拘り鉢巻き グラスメイカ

187(94)-194(252↑)-111(4)×-91(4)-125(156)

ウッドハンマー/グラススライダー/叩き落とす/馬鹿力

有利対面を作って負荷をかけるだけのマシーン。強いときと弱いときの差が激しかった印象。

 

f:id:dopoke:20200801133606p:plainパッチラゴン@命の珠 張り切り

165-167(252↑)-111(4)-×-90-127(252)

電撃嘴/炎の牙/逆鱗/燕返し

大事なところで何万回も技を外したアホポケモン。1桁行ってそのまま放置するつもりやったのにこのバカのせいで全てが狂った。二度と使いません

 

【総括】

S9は最終日最後まで潜れないのでやるかやらないかは気分次第。今期は悔しかったので次はもうちょっとがんばります。

てか最終日に通信障害って舐めとんのかマジで。